文鳥を飼育してみよう!文鳥の飼育方法や餌の与え方まとめ

文鳥 飼育 餌

 

懐きやすく、名前を呼ぶと飛んでくるほど人間に抵抗を感じないためペットとして人気なのが、「文鳥」です。

 

手に乗って餌を食べるのは朝飯前で、とても可愛らしい仕草などをしてくれるので、文鳥に癒される人が続出しています。

 

そんな文鳥をこれから飼育しようと考えたとき、何を準備したら良いのかや、どんな餌を与えるべきかなど悩む部分は多いですよね?

 

ここでは、文鳥を飼育する方法や注意点、さらに餌の与え方などについて紹介していきます。

 

 

1.文鳥を飼育する前に準備する物

 

文鳥 飼育 餌

 

文鳥を飼育するとなると、一番最初の思いつくのは個体を購入しなきゃという点でしょう。

 

しかしいきなりペットショップで文鳥を買ってきても、お迎えの準備が出来ていなければ飼育することはできません。

 

文鳥を飼育するには、まず以下に挙げる物を用意してください。

 

  • 飼育ケージ
  • 餌・水入れ
  • 止まり木
  • バードバス(水浴び用容器)
  • ペット用ヒーター

 

最低でもこれらは用意しておかないと、文鳥をペットとして迎えられません。

 

飼育ケースは大きいほど、文鳥がゆとりを持って生活できるので、単独・複数飼育に関係なく大きめの飼育ケージを準備します。

 

幅・奥行35cm、高さ40cm以上のものを、できれば用意してあげたいところ。

 

止まり木や餌・水入れは、飼育ケージを購入すると一緒についてくる場合が多いですが、もしセットとして売られていないようでしたら別途購入してください。

 

スポンサーリンク

 

また、文鳥は水浴びをして体をキレイにするのが好きなので、水浴び用容器であるバードバスも飼育に欠かせません。

 

文鳥は寒さに弱い種類ですから、ペットヒーターは必須です。

 

おもちゃなどもあると文鳥は喜びますが、お迎えする前から飼育ケージの中に入れるのは推奨されていません。

 

何故なら、お迎えしたての文鳥は環境が変化したことで怯えて少しパニックになり、ケージ内を飛び跳ねるからです。

 

このときおもちゃが体に当たって怪我をする恐れがあるので、上記に挙げた道具のみを最初は用意してください。

 

 

2.文鳥の飼育で重要な餌の与え方

 

文鳥 飼育 餌

 

文鳥を飼育する中で、飼い主が一番楽しみにしているのが餌やりでしょう。

 

ペットに餌を与えるというのは、いかにもお世話をしているような感覚を覚えるので毎日の日課にしやすいですよね?

 

文鳥の飼育においても、他のペットと同様に餌やりのお世話は毎回発生します。

 

スポンサーリンク

 

では、文鳥にはどういった餌を与えるべきなのでしょうか?

 

文鳥の主食として選ばれるのは市販されている、「混合シード」です。

 

アワやヒエなどが混ざったシードは、栄養値が高いので主食として最適だと言われています。

 

また精米した米粒も好物なので、混合シードに少し混ぜてあげると文鳥はさらに喜んでくれるでしょう。

 

しかし混合シードだけでは、文鳥に必要なミネラルやビタミン、カルシウムなどを十分に補いきれません。

 

ですから副食として、青菜(小松菜やチンゲン菜など)を与え、ボレー粉というカルシウムパウダーを餌に振りかけてください。

 

副食は少量で十分ですが、マメに与えるようにします。

 

文鳥は、1日でも絶食すると死んでしまうので、飼い主は必ず餌を毎日与えるようにしてください。

 

1日1回新鮮な餌を与え、翌朝残っていた場合は捨てて、新しい餌を用意します。

 

 

3.文鳥を飼育する際の注意点7つ

 

文鳥 飼育 餌

 

文鳥は丈夫で病気になりにくいですし、お世話の手間もそこまでかからないので初心者でも飼いやすい動物です。

 

前章でも分かるように、主食は市販されている混合シードと、少しの青菜やボレー粉で十分なので特に面倒ではありません。

 

それでも、文鳥を飼育するのであれば、いくつか注意しておきたい点があるのも事実。

 

次から、文鳥の飼育で注意するべき点について紹介するので、頭に入れておきましょう。

 

 

@ 飲料水は1日2回は交換する

 

文鳥 飼育 餌

 

文鳥は水を飲むのがそこまで得意ではなく、飼育ケージ内によく飛ばします。

 

そしてよく汚すので、新鮮な水を飲んでもらうようにするため、1日2回、朝と夕方に交換するようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

また飛び散った水が餌にかかると、傷みが早くなり虫が湧く可能性があるため、水が餌にかかっているなら餌もついでに交換してあげると衛生的です。

 

完食していないのに餌を捨てるのはもったいないと感じるかもしれませんが、それによって文鳥が病気になってしまうリスクを考えるなら、餌の犠牲は仕方ありません。

 

 

A 1日1回は水浴びをさせる

 

文鳥 飼育 餌

 

文鳥はインコなどと違い水浴びが大好きで、人間でいうところのお風呂に近い感覚を持っています。

 

ですから1日1回は水浴びをさせますが、体全体をバードバスに入れるので水がすぐに汚れてしまうため、水浴びが終わったら水を捨てて新しいのに交換しましょう。

 

文鳥は水浴びをして、あの見事にキレイな羽毛を維持しているのと同時に、身体についた虫を落としています。

 

寒さが苦手という点から気を配り、冬にぬるま湯をバードバスに入れてあげたいと考える飼い主もいるかもしれません。

 

しかしぬるま湯で水浴びをすると、羽毛の油分が剥がれてしまい風邪を引きやすくなので必ず冬季でも水を使用してください。

 

 

B こまめに爪の長さを確認し爪切りをする

 

文鳥 飼育 餌

 

文鳥は止まり木に足で体を支えるようにしているので、足にかなりの力、負担がかかっています。

 

すると人間と同じようにが伸びやすくなるため、飼い主はこまめに爪がどれだけ伸びているかをチェックしてください。

 

爪が伸びすぎると、直線ではなく、ぐるんと巻くように伸びてくるのでそうしたら爪切りをします。

 

放置すると金網などに引っかかりやすくなり、思わぬ事故に繋がりかねません。

 

しかしこの爪切りという作業、初心者には難しい部分があるのも事実。

 

血管を切ると出血するので、2人がかりで行うか、それでも心配なら動物病院へ行き切ってもらうようにしましょう。

 

 

C 飼育ケージ内の掃除は毎日行う

 

文鳥 飼育 餌

 

飼育ケージ内は文鳥の糞や、餌の食べかす、飛び散った水などですぐに汚れてしまいます。

 

犬や猫のようにトイレのしつけはできないので、飼育ケージ内はいたる所が糞だらけになるのは仕方ありません。

 

飼育ケージは掃除のしやすい構造になっており、底部が引き出し形式になっていることが多いので、そこに新聞紙などを敷いてすぐに捨てられるようにすると掃除が楽です。

 

1日1回は掃除をしないと、不衛生な状態の中で文鳥が生活することになります。

 

自身が汚したといえばそれまでですが、汚れた環境で生活するのはストレスが溜まるもの。

 

飼い主のお世話として、こまめに毎日掃除をしてあげてください。

 

慣れてくれば数分で掃除は完了するので、そこまで手間ではありませんよ。

 

 

D 日没を過ぎたら就寝させリズムを整える

 

文鳥 飼育 餌

 

文鳥は日暮れが就寝の合図で、日の出が起床のサインです。

 

このリズムを狂わせないようにすると、文鳥の生活リズムが整えられるので、規則正しい生活を送れ健康状態も良好になります。

 

ですから日没を迎えたら、飼育ケージに遮光性のあるタオルをかけるなどして光を遮断させると、日没と判断してくれるので落ち着いて就寝してくれるでしょう。

 

バードカバーなどが市販されていますので、お財布に余裕があるなら専門道具を購入することでより遮光性を高められます。

 

人間の生活に慣れると、飼い主が寝る時間に就寝する場合もありますが、本来のリズムではありません。

 

電気を消すと人間の生活に支障が出るので、やはりタオルで隠しておくのが一番です。

 

 

E 放鳥をしてコミュニケーションを取る

 

文鳥 飼育 餌

 

1日1回、時間を決めて飼育ケージから放鳥させ、コミュニケーションを取ってあげます。

 

文鳥は人間が大好きなので、飼い主と遊びたくてウズウズしているので、欲求を満たすようにしてください。

 

飼い主と接することにより、信頼感が高まりますし懐くスピードもその分速くなりますよ。

 

放鳥の際は、必ず窓が閉まっているかを確認し、脱走する可能性を排除してから行うよう細心の注意を払いましょう。

 

文鳥は好奇心旺盛なので、部屋にあるものを何でもつっついてしまうので、タバコやマニキュアなど、文鳥にとって危険な物は隠してください。

 

 

F 毎日様子を観察して病気を早く発見する

 

文鳥 飼育 餌

 

文鳥は丈夫で病気にかかりにくいと言われていますが、それでも個体によってはかかりやすい病気などがあるものです。

 

また、文鳥はギリギリまで病気を隠す性質を持っているので、飼い主が明らかな異常を見つけたときには、もう手遅れという場合も少なくありません。

 

突然の悲しいお別れはツラいものですから、病気の早期発見は何よりも大切です。

 

文鳥の異常をすぐに察知するには、毎日短時間でも良いので様子を観察するなどの気配りが肝心となります。

 

 

まとめ

 

文鳥 飼育 餌

 

ここでは、文鳥を飼育する方法や注意点、さらに餌の与え方などについて紹介していきました。

 

文鳥を飼育するには、お迎えする前に準備する物がありますし、餌の与え方についても理解をしなければいけません。

 

そして何より、1日でも長く一緒に生活できるよう、飼育する上での注意点もあります。

 

文鳥を飼育するのに必要な情報をまとめていますので、どうぞ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



人気記事ランキング


うさぎ


文鳥 飼育 餌
うさぎは何を食べる?うさぎに餌を与える方法や注意点まとめ



文鳥 飼育 餌
うさぎの性格を知りたい!うさぎに見られる5つの性格とは?



文鳥 飼育 餌
うさぎの爪を切ろう!うさぎの爪切りを安全に行う方法や注意点



文鳥 飼育 餌
うさぎの様子が変…うさぎの発情期に見られる特徴や向き合い方



文鳥 飼育 餌
うさぎがなつかない4つの原因や、なついてもらう方法とは?



文鳥 飼育 餌
うさぎのトイレのしつけ!うさぎにトイレを覚えさせる方法や注意点



文鳥 飼育 餌
うさぎに与えて良い野菜とダメな野菜の見分け方まとめ



文鳥 飼育 餌
うさぎにおやつを与える量はどれぐらい?おやつが持つメリットとは?



モルモット


文鳥 飼育 餌
モルモットの飼育方法や餌の与え方、餌を与える際の注意点まとめ



文鳥 飼育 餌
モルモットがなつかない…モルモットになついてもらう4つの行動とは?



チンチラ


文鳥 飼育 餌
チンチラの餌は何?チンチラの飼育方法や餌の与え方、注意点まとめ



文鳥 飼育 餌
チンチラがなつかない…チンチラになついてもらう4つの行動とは?



ハリネズミ


文鳥 飼育 餌
ハリネズミは何食べる?ハリネズミの飼育方法や餌の与え方まとめ



文鳥 飼育 餌
ハリネズミを飼い主になつかせる4つの方法や注意点まとめ



ハムスター


文鳥 飼育 餌
ハムスターの飼育方法や餌の与え方、餌を食べさせる際の注意点



文鳥 飼育 餌
ハムスターに与えて良い食べ物、絶対に与えてはいけない食べ物まとめ



文鳥 飼育 餌
ハムスターと仲良くなりたい!ハムスターになついてもらう方法5選



文鳥 飼育 餌
ハムスターから激臭…ハムスターが臭くなる原因や対処法まとめ



文鳥 飼育 餌
ケージを噛む癖を治したい…ハムスターがケージを噛む理由と対処法



文鳥 飼育 餌
ハムスターがトイレを覚えない原因とは?トイレをしつける方法まとめ



文鳥 飼育 餌
ハムスターが病気…かかりやすい病気や兆候、治療法まとめ



文鳥 飼育 餌
ハムスターは夏バテ注意!ハムスターに夏の暑さを対策する方法5選



タヌキ


文鳥 飼育 餌
タヌキって飼えるの?タヌキを飼育するまでの手順や飼育時の注意点



キツネ


文鳥 飼育 餌
キツネを飼いたい!キツネを飼育する方法や注意点まとめ



フェレット


文鳥 飼育 餌
フェレットの飼い方が知りたい!フェレットを飼育する方法や餌の与え方



文鳥 飼育 餌
フェレットは臭いの?フェレットが臭いと言われる理由と臭い対策



文鳥 飼育 餌
フェレットがなつかない…フェレットをなつかせる5つの方法と注意点



モモンガ


文鳥 飼育 餌
モモンガを飼いたい…モモンガを飼育する方法や飼育上の注意点



デグー


文鳥 飼育 餌
デグーの飼い方が知りたい!デグーの飼育方法や餌の与え方まとめ



カラス


文鳥 飼育 餌
カラスを自宅で飼ってみよう!カラスを飼うための条件や飼育方法



文鳥 飼育 餌
カラスは人間になつくの?カラスをなつかせる飼い方とは?



文鳥 飼育 餌
カラスはとても賢い?カラスの知能が高いと言われる6つの証拠



フクロウ


文鳥 飼育 餌
フクロウを飼育してみよう!フクロウの飼育方法や餌の与え方



文鳥 飼育 餌
フクロウと仲良くなろう!フクロウをなつかせる飼い方とは?




文鳥 飼育 餌
インコを飼育しよう!インコの飼育方法や餌の与え方まとめ



文鳥 飼育 餌
うずらを自宅で飼ってみよう!うずらの飼育方法や注意点まとめ



文鳥 飼育 餌
スズメを飼育してみたい…スズメを飼育できる条件や餌の与え方



文鳥 飼育 餌
文鳥を飼育してみよう!文鳥の飼育方法や餌の与え方まとめ