ハムスターの飼育方法や餌の与え方、餌を食べさせる際の注意点

ハムスター 飼育 餌

 

見た目も可愛らしく癒されるとして、ペットとして人気が急上昇しているのが、「ハムスター」ですね。

 

飼育も容易で必要な物も少ないため、マンションなどでも飼えるなど利便性が高いことが知られています。

 

そんなハムスターを飼育しようと考えたとき、最初に疑問に残るのが「餌は何を与えるべきか」という点でしょう。

 

餌が分からなければ、十分に成長できませんし、肥満などの原因にもなります。

 

ここでは、ハムスターの飼育方法やどんな餌を与えるべきか、また餌を食べさせる際の注意点などについて紹介していきます。

 

 

1.ハムスターの飼育で準備するもの7つ

 

ハムスター 飼育 餌

 

ハムスターを飼育するにあたって、必ず必要になる物があります。

 

これはペットショップで購入する前に準備をしておき、ある程度完成させてからお迎えするようにしてください。

 

途中から色々と追加するのは、せっかく少しずつ慣れてきたハムスターにとって、大きなストレスとなるからです。

 

  • 飼育ケージ
  • 給水ボトル
  • 巣箱
  • トイレ
  • 餌入れ
  • 床材
  • トイレ砂

 

最低でも、これらは準備しておき、ハムスターの家を完成させておきたいもの。

 

ハムスターをお迎えする準備が整ったところで、飼い主が飼育で心得ておきたい注意点について次の章で見ていきましょう。

 

 

2.ハムスターの飼育で飼い主が注意したい点

 

ハムスター 飼育 餌

 

ハムスターの飼育で飼い主が注意したいのが、「掃除」と「運動」です。

 

まず掃除についてですが、ハムスターはとてもきれい好きで、汚い場所にいるだけでストレスを抱えてしまい病気になる恐れもあります。

 

そのため簡単なケージの掃除は、できるだけ毎日行うようにしてください。

 

簡単な掃除というのは、トイレの砂変え、水替え、餌を新鮮なものへ変える、糞の処理などです。

 

スポンサーリンク

 

大がかりな掃除は月1回はするべきで、こちらは飼育ケージ全体を洗い、床材を取り換えるというものが挙げられます。

 

掃除にかける時間が多くなりますが、ハムスターを飼育するなら必ず必要となるでしょう。

 

次に「運動」です。

 

犬と同じように、ハムスターには散歩をさせる日課を設ける必要があります。

 

広いケージなら問題はありませんが、狭いケージであれば回し車を購入したり、ケージの外に出して散歩させるのが有効。

 

犬のように外に出す必要はないので、それほど手間ではありませんが、散歩は飼い主が必ず行うべき健康管理方法です。

 

 

3.ハムスターにはどんな餌を与えたらいい?

 

ハムスター 飼育 餌

 

ハムスターを飼育する前に準備する物、飼育で飼い主が心掛ける点について前章までで取り上げました。

 

以下からは、ハムスターの飼育で最も大切な「餌」の与え方などについて見ていきますね。

 

ハムスターを飼育するとなれば、色々と準備が必要ですが、事前に情報を集めておきたいのが「」に関する部分です。

 

スポンサーリンク

 

ハムスターは、そこまで偏食に走ることはありませんが、個体によっては好き嫌いが激しいタイプもいるので臨機応変な対応が望まれます。

 

それでは、一般的にハムスターにはどんな餌を与えたら良いのでしょうか?

 

 

@ ハムスター専用のペレット

 

ハムスター 飼育 餌

 

ハムスターの餌として多くの飼い主が利用しているのが、ハムスター専用のペレットです。

 

ペレットとは人工的に作られた餌のことで、ハムスターに必要な栄養素が凝縮されていますから、とても便利な餌と言えるでしょう。

 

ペレットにはいくつかの種類があり、半生の物から乾燥して少し硬い固形の物など形状もそれぞれ。

 

半生は長期保存ができないデメリットはありますが、味は美味しくハムスターの喰いつきが良いです。

 

固形の物は硬いので、ハムスターの歯が伸びすぎるのを防ぐ役割があります。

 

どちらを選ぶかは飼い主というよりも、ハムスターに選んでもらうようにしてください

 

ハムスター専用のペレットは、主食として大いに期待できますよ。

 

 

A 水分の多くない野菜

 

ハムスター 飼育 餌

 

ハムスターは野菜も主食級の扱いになっており、餌として大活躍してくれるでしょう。

 

野菜には水分も含まれているので、給水機の水がいらないほど水分も同時に摂取できます。

 

野菜には農薬や他の動物の糞などが付着していることがあるので、しっかりと水洗いをしてから食べさせるようにしてください。

 

そのままあげるのは食べにくいので、必ずハムスターが両手で持てるぐらいの大きさに切って与えます。

 

水分が多い野菜、レタスやキャベツは食べ過ぎると下痢を引き起こす恐れがあるので注意しなければいけません。

 

 

B 与えすぎ注意!嗜好品となる種子

 

ハムスター 飼育 餌

 

ハムスターの餌というより、おやつの位置づけになるのが種子です。

 

こちらは人間でいうところの、ケーキやクッキーと同じで食べることに喜びを感じられるタイプのものです。

 

人間もケーキばかり食べていると、カロリーを過剰に摂取することになるので肥満になったり、血糖値が上昇するなど健康面で悪影響が出てきますよね?

 

これはハムスターにも同じことが言え、ヒマワリの種やアーモンド、ピーナッツなどはカロリーが高いので、与えすぎると肥満になります。

 

ハムスターにとって肥満は、怖い病気を引き起こす恐れがあるため、種子の与えすぎには要注意。

 

しかし、ハムスターが病気から快復途中であったり、食欲が無くて食べられないというときでも、種子だけは食べてくれる場合が多いです。

 

何も食べないよりかは、はるかにマシなので、このような場合は餌として機能するでしょう。

 

 

C その他で餌になる食べ物

 

ハムスター 飼育 餌

 

主食や嗜好品ではありませんが、餌として用いられるものが以下に挙げるものです。

 

  • 牧草・野草
  • 煮干しやヨーグルト
  • 果物

 

野生下のハムスターは、野草を食べて生活しているため、牧草や野草を餌として与えても大丈夫です。

 

公園などに生えているもので問題ありませんが、何が付いているか分からないので、食べさせる前には必ず水で洗ってください。

 

タンポポやクローバー、アルファルファなどを好んで食べます。

 

また、2〜3日に1回ぐらいの頻度で、煮干しやヨーグルトなどの「動物性タンパク質」を食べさせましょう。

 

ペレットなどでは不足しがちなので、少量でも良いから与えると、ハムスターはより健康的になります。

 

果物は糖分が多いので、餌としてはあまり適していませんが、やはり食欲不振などのときは食べてくれやすいので重宝しますよ。

 

 

4.ハムスターに与えてはいけない餌

 

ハムスター 飼育 餌

 

ハムスターは雑食なので、意外と何でも食べる傾向があります。

 

それでも、食べると中毒を引き起こしたり、ショック死する危険な食品があることを覚えておきましょう。

 

絶対に与えてはいけないと言われているのが、以下に挙げる食品です。

 

  • 玉ねぎ・長ネギ
  • アボカド
  • ドングリ
  • チョコレート

 

特に玉ねぎ・長ネギは血液中の赤血球を破壊する成分が入っているので、貧血や肝不全を引き起こしかねません。

 

またアボカドやドングリは、肝臓や腎臓の機能を低下させる物質が入っているので、食べさせないようにしてください。

 

さらに、ここでは挙げていませんが、部屋に置いてある観葉植物の葉は、どれもハムスターにとっては毒となるので与えないようにします。

 

飼い主が気を付けていても、ハムスターがケージから脱出して食べることも考えられるので、ハムスターがいる部屋には置かないなどの対応をすると良いでしょう。

 

 

5.ハムスターに餌を与える際の注意点

 

ハムスター 飼育 餌

 

ハムスターに餌を与える際は、どんな点に注意を払うべきなのでしょうか?

 

それは、「1つの餌だけでなく、数種類のものを食べさせる」という点です。

 

先に少し触れた通り、ハムスターは偏食しやすい傾向があるので、同じ餌ばかりを与えているとその餌を食べなくなってしまうことがあります。

 

人間も毎日同じメニューばっかりだと、たとえ好物でも飽きてしまい、違う料理を食べたいと思うようになるでしょう。

 

それと同じく、ハムスターも同じペレットばかりだと飽きてしまい、偏食がより進むので餌の種類を変えながらバラエティ豊かにしてください。

 

ペレットにもいくつかの種類がありますし、野菜や野草などを食べさせるというのも有効なもの。

 

餌は1種類だけではないので、色々な餌を与えてみて好みを知り、好きな餌を中心としてその他の餌を与えるようにします。

 

また、食べさせる量は個体によって違うので、ケージ内に食べきれないぐらい餌を入れておけば大丈夫です。

 

しかし古い餌は傷みやすいので、毎日新鮮な餌に交換しましょう。

 

 

まとめ

 

ハムスター 飼育 餌

 

ここでは、ハムスターの飼育方法やどんな餌を与えるべきか、また餌を食べさせる際の注意点などについて紹介していきました。

 

ハムスターの餌となるものは、ペレットや野菜、野草など色々とあるので、飼い主は様々な餌を与えて好みを把握していきましょう。

 

雑食のハムスターですが、食べると毒となる食品もあるので十分注意してくださいね。

引き続き、「小動物・ペットの飼育方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「小動物・ペットの飼育方法」おすすめ記事


うさぎ

ハムスター 飼育 餌 うさぎは何を食べる?うさぎに餌を与える方法や注意点まとめ
ハムスター 飼育 餌 うさぎの性格を知りたい!うさぎに見られる5つの性格とは?
ハムスター 飼育 餌 うさぎの爪を切ろう!うさぎの爪切りを安全に行う方法や注意点
ハムスター 飼育 餌 うさぎの様子が変…うさぎの発情期に見られる特徴や向き合い方
ハムスター 飼育 餌 うさぎがなつかない4つの原因や、なついてもらう方法とは?
ハムスター 飼育 餌 うさぎのトイレのしつけ!うさぎにトイレを覚えさせる方法や注意点
ハムスター 飼育 餌 うさぎに与えて良い野菜とダメな野菜の見分け方まとめ
ハムスター 飼育 餌 うさぎにおやつを与える量はどれぐらい?おやつが持つメリットとは?

モルモット

ハムスター 飼育 餌 モルモットの飼育方法や餌の与え方、餌を与える際の注意点まとめ
ハムスター 飼育 餌 モルモットがなつかない…モルモットになついてもらう4つの行動とは?

チンチラ

ハムスター 飼育 餌 チンチラの餌は何?チンチラの飼育方法や餌の与え方、注意点まとめ
ハムスター 飼育 餌 チンチラがなつかない…チンチラになついてもらう4つの行動とは?

ハリネズミ

ハムスター 飼育 餌 ハリネズミは何食べる?ハリネズミの飼育方法や餌の与え方まとめ
ハムスター 飼育 餌 ハリネズミを飼い主になつかせる4つの方法や注意点まとめ

ハムスター

ハムスター 飼育 餌 ハムスターの飼育方法や餌の与え方、餌を食べさせる際の注意点
ハムスター 飼育 餌 ハムスターに与えて良い食べ物、絶対に与えてはいけない食べ物まとめ
ハムスター 飼育 餌 ハムスターと仲良くなりたい!ハムスターになついてもらう方法5選
ハムスター 飼育 餌 ハムスターから激臭…ハムスターが臭くなる原因や対処法まとめ
ハムスター 飼育 餌 ケージを噛む癖を治したい…ハムスターがケージを噛む理由と対処法
ハムスター 飼育 餌 ハムスターがトイレを覚えない原因とは?トイレをしつける方法まとめ
ハムスター 飼育 餌 ハムスターが病気…かかりやすい病気や兆候、治療法まとめ
ハムスター 飼育 餌 ハムスターは夏バテ注意!ハムスターに夏の暑さを対策する方法5選

タヌキ

ハムスター 飼育 餌 タヌキって飼えるの?タヌキを飼育するまでの手順や飼育時の注意点

キツネ

ハムスター 飼育 餌 キツネを飼いたい!キツネを飼育する方法や注意点まとめ

フェレット

ハムスター 飼育 餌 フェレットの飼い方が知りたい!フェレットを飼育する方法や餌の与え方
ハムスター 飼育 餌 フェレットは臭いの?フェレットが臭いと言われる理由と臭い対策
ハムスター 飼育 餌 フェレットがなつかない…フェレットをなつかせる5つの方法と注意点

モモンガ

ハムスター 飼育 餌 モモンガを飼いたい…モモンガを飼育する方法や飼育上の注意点

デグー

ハムスター 飼育 餌 デグーの飼い方が知りたい!デグーの飼育方法や餌の与え方まとめ

カラス

ハムスター 飼育 餌 カラスを自宅で飼ってみよう!カラスを飼うための条件や飼育方法
ハムスター 飼育 餌 カラスは人間になつくの?カラスをなつかせる飼い方とは?
ハムスター 飼育 餌 カラスはとても賢い?カラスの知能が高いと言われる6つの証拠

フクロウ

ハムスター 飼育 餌 フクロウを飼育してみよう!フクロウの飼育方法や餌の与え方
ハムスター 飼育 餌 フクロウと仲良くなろう!フクロウをなつかせる飼い方とは?

ハムスター 飼育 餌 インコを飼育しよう!インコの飼育方法や餌の与え方まとめ
ハムスター 飼育 餌 セキセイインコを飼ってみたい!飼育方法や注意点・餌の与え方
ハムスター 飼育 餌 うずらを自宅で飼ってみよう!うずらの飼育方法や注意点まとめ
ハムスター 飼育 餌 スズメを飼育してみたい…スズメを飼育できる条件や餌の与え方
ハムスター 飼育 餌 文鳥を飼育してみよう!文鳥の飼育方法や餌の与え方まとめ